株式会社IMJ研究所

【 強酸性次亜塩素酸水 】

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違い

◆次亜塩素酸ナトリウム
「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」・・・同じように「次亜塩素酸」と言う文字が含まれていて、普通の人なら「同じもの」と勘違いしてしまうのも当然です。
しかし、「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」はその製法や性質は全く異なります。
「次亜塩素酸ナトリウム」は「キッチンハイター」など「塩素系漂白剤の主成分」で、「次亜塩素酸ナトリウム塩」とも「次亜塩素酸ソーダ」とも呼ばれています。
水酸化ナトリウムの水溶液に塩素を加えて得られ、通常は水溶液として貯蔵・使用されています。
ただし、時間と共に自然分解し酸素を放って塩化ナトリウム水溶液(食塩水)に変化していきます。
高温や紫外線で分解が加速するため、常温保存では濃度維持が困難です。
水溶液はアルカリ性を示します。



◆次亜塩素酸水
片や「次亜塩素酸水」は、塩酸または塩化ナトリウム (食塩)水溶液を専用の装置で電気分解することにより生成されます。
次亜塩素酸水は、「強酸性次亜塩素酸水」・「弱酸性次亜塩素酸水」および「微酸性次亜塩素酸水」があり、いずれも酸性を示します。
「次亜塩素酸水」の安全性について食品安全委員会による評価を受け、人の健康を損なうおそれが無いということで、成分の規格や使用の基準を定めたうえで、食品添加物として使用が認められています。

原材料は「水と食塩」だけ


私たちが作成に成功した「特殊な水」は、塩酸やナトリウ厶を全く使用していないので、刺激臭も塩素臭も殆どありません。
また、強酸性(pH2.7程度)が長期間安定的に保持されますので、除菌などに使用頂いても安心です。
今回の新型コロナウイルスの大流行で除菌・消毒が最重要となっている昨今、「アルコール消毒液」や「次亜塩素酸水」も玉石混合状態ですが、安全性が求められている分野だからこそ、高い品質としっかりしたデータに裏付けられた商品が求められています。

次亜塩素酸水と新型コロナウイルス


新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について、 経済産業省とNITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)は国立感染症研究所及び学校法人北里研究所の協力を得て新型コロナウイルスを用いた検証試験を実施しています。
2020年4月30日発表された途中検証結果では、上記の表の通り次亜塩素酸水はインフルエンザに対しての有効性があると発表しています。
出展:NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)
引用元:一般社団法人次亜塩素酸水溶液普及促進会議WEBサイト

次亜塩素酸水の消毒効果


次亜塩素酸水には酸化作用があるため、細菌やウイルスを破壊して無毒化する効果があります。
そして、次亜塩素酸水は有機物に接触すると瞬間的に水に戻ってしまう性質があり、残存性が低いと言う特徴もあります。
また、新型コロナウイルス感染症に対する有効性も認められており、 厚生労働省は電気分解による正しい製法でつくられた次亜塩素酸はモノに付着した新型コロナウイルスの消毒・除菌に有用であるとの見解を示しています。
※2020年にNITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)が「次亜塩素酸水」の「新型コロナウイルス」に対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会」において、一定の濃度以上の「次亜塩素酸水」が同ウイルスの消毒に対して有効であると結論付けました。
※2020年に帯電微粒子水(次亜塩素酸水)の「新型コロナウイルス」に対する抑制効果を確認しました。
※神奈川県立産業技術総合研究所の「抗ウイルス性能評価試験」にて、「各種ウイルスに99%以上の殺菌効果あり」と判定されました。


ただし、消毒効果があるほどの濃度の次亜塩素酸水は、人の肌や粘膜にダメージを与える可能性も疑われるため、適度な濃度で使用されることが重要です。
また、一般的な次亜塩素酸水は紫外線や熱に弱く、保存状態によっては十分な消毒効果を発揮できなくなってしまいます。
私たちが作成に成功した「「特殊な水(強酸性次亜塩素酸水)」」は、飯田工業技術試験研究所にて「pH値の安定性」について、「従来品と比較して強酸性度を長期間にわたり維持している」事が確認されています。

特性が持続する安全安心の除菌水

塩と水から生成された「強酸性次亜塩素酸水」・・・名前はおどろおどろしく少々不安を感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は安全で安心な除菌水です。
pHを測定すると強酸性を示しますが、実際には「強い酸」ではありません。
それどころか、動物実験等で証明されているように、誤って口に入れてしまっても人体にはほとんど影響を与えません。
高濃度アルコール消毒液をご使用の方からは、
・消毒頻度が多いと手荒れする。
・引火しやすく、火の近くでは使用できない
のような問題が定義されていますが、強酸性次亜塩素酸水は、
・有機物に触れるとすぐに水に変化してしまうので手荒れは皆無
・水なので引火の心配も皆無
・水なので安心して持ち運びが可能(携帯できる)
・有機物に触れると水に変化してしまうので空間噴霧が可能
・毒性が少なく誤って口に入れても人体に影響を与えない
等の特性があります。
但し、今までの次亜塩素酸水は、特性の持続が難しく短時間で水になってしまうのが欠陥でした。
株式会社IMJ研究所では、「原料となるの水」の改良と、「特殊な製法」でその欠陥を克服し、数年間特性が持続する安全で安心な強酸性次亜塩素酸水を作り上げることに成功しています。
※飯田工業技術試験研究所にて「pH値の安定性」について、「従来品と比較して強酸性度を長期間にわたり維持している」事が確認されています。

元々は半導体基板の洗浄水だった


電子部品をハンダ付けした後や、半導体プリント基板を洗浄するために、今までは化学材料を使用していましたが、最近では環境汚染防止等に配慮して、「特殊な水」などで洗浄するようになりました。
実際に、水で汚れを落としやすくする為には「酸性の水」が必要となります。
しかし、酸性の水をそのまま使用すると、金属が「サビてしまう」と言う新たな問題が発生いたします。
そこで、「酸性なのに金属がサビにくい水」が必要とされていましたが、長年の研究の結果、文字通り「酸性なのに金属がサビにくい水」を開発いたしました。
ところが、私たちが開発した「酸性なのに金属がサビにくい水」は「強酸性次亜塩素酸水」を元にしているので、「除菌・滅菌」にも大きな効果が期待できることが解ったのです。

品質は変わらず長期間保存が可能


私たちが作成に成功した「特殊な水(強酸性次亜塩素酸水)」は、工業用開発で得たノウハウを元に、高い品質を保持したまま長期間の保存が可能です。
「原材料は『水と食塩』だけ」とは申しましたが、スタート時点で「水の品質」が一般的な「強酸性次亜塩素酸水」とは全く違います。
元になるのは水道水ですが、水道水には多くのミネラルや塩素などの不純物が溶け込んでいます。
前工程で不純物等を完全に取り除いた後、さらに特殊な装置を使用して「真のH2Oに近い超純水」と言われる水に変換しています。
超純水とは「原子炉の制御棒」の周りに使用されるなど、非常に特殊な水で、ハニカム構造をしていて、その中にイオンを閉じ込める性質を持っています。
その超純水に食塩を加え、当社独自の製法で「強酸性次亜塩素酸水」を生成しています。
その結果、冷暗所での保存であればpH値は長期間ほとんど変化せず、長く効果が続くことが期待できる、他に類を見ない「強酸性次亜塩素酸水」となっています。

【使い方】
1.高濃度アルコール消毒液と同様に使用できるとお考え下さい。手洗い、消毒などにお使いいただけます。
2.高濃度アルコール消毒液と違い、ノロウイルス等エンベロープがなくても効果があります。
3.強酸性ですが通常使用においては人体に害はありません。

私たちがご提供できる商品群


私たちの商品は基本的に代理店様・協力店様を経由して消費者の皆様にお届けさせていただいております。
商品の名称は代理店様や協力店様のオリジナルとなっております。
よって、ご紹介させていただく商品は全て代理店様・協力店様向けとなります。
・1トンタンク(タンクはご購入様でご用意いただきます)。
・20リットルポリタンク(コック付属段ボール箱入り)
・10リットルポリタンク(コック付属段ボール箱入り)
・500ミリリットルスプレーボトル
・100ミリリットルスプレーボトル
・室内空間除菌用散布機(セラミックタイプ)
全てOEM商品となりますので、商品にはラベル等は貼付致しておりません。
ラベル等は代理店様又は協力店様でご用意いただくか、当方でも作成を承ります。
尚、上記商品をお取り扱いいただく場合は、販売代理店契約を締結していただくこととさせていただいております。
詳しくは下記よりお問い合わせください。
製品応用例は → こちら
お問い合わせは → こちら

製造プラントコンサルティング


製造プラントの設置をご希望の場合はご相談の上対応させていただきます。
大規模システムから小規模システムまで、ご希望に併せてのご提案が可能です。
尚、プラントを構成するマシーンは輸入品が少なくないため、十分な準備期間が必要となります。
まずは下記よりお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは → こちら

製品の応用例
浄水プラント・家庭用浄水機
製品情報
ご協力企業様募集

株式会社IMJ研究所では、拡販にご協力をいただける企業様を募集しています。
貴社ブランドによるOEMにも対応させていただいております。

トップページ
会社案内
お問い合わせ

株式会社IMJ研究所
〒395-0004
長野県飯田市上郷黒田559-1
電話:0265-48-6088
FAX :0265-49-5014
携帯:090-3067-4023
Mail:info@imj-labo.ccom